スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わしこの英語塾

語りの仲間たちを中心に「わしこの英語塾」をはじめて、そろそろ1年が過ぎた。昨年、英国へ「語りの旅」に出かけるにあたって、日本の昔話を英語で語ろうという目的で始まった会である。最近では、自分たちの勉強のためにと、短い英語の物語をさらにやさしく書き直す練習や英語の発音やリズムの練習もプログラムに入れている。

インプットも大切だということで、ノルウェーの昔話「太陽の東 月の西」を英語(ダーセント再話)で、ようやくのことで読みきった。20世紀初頭に再話されたダーセント卿の英文は、受講生のみなさんには、さすがに古風で読みにくかったようだ。物語の源流にはギリシア神話の「キューピッドとプシュケ」の残響があり、類話もヨーロッパの昔話には多く見つけることができる。「語る」ためには少しばかり長いとも思われるが、壮大でリリカルな物語である。

ところで、メンバーの中にとても絵の上手な方がいらっしゃる。というわけで、私は明日、「読み聞かせ」の導入(クラスの雰囲気によっては、すぐ物語を読むつもりだが)に使う予定にしている「へんなひとかぞえうた」の食べ物の絵を描いていただいた。さすが! 「牧師さんの後ろ姿」が「さといも」に変わってゆく姿は、みんなから拍手喝采! STさん、ありがとうございました。私が自力で描いたのは、「イチゴ」「ゴマ」「ようかん」「きゅうり」「まんじゅう」である。

STさんに描いていただいた「にぼし」を見て、「太刀魚?」といったのは、我が家のだれかさんである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。