スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

E-ラーニング大学の卒業式に出席した。非常勤先の「式」などまず出席することはないのであるが(出席するとかえって奇妙)、「テキスト履修」と「メディアスクーリング」という通信教育においても独特なシステムを持つE-ラーニング大学は、なぜか学生と教員の距離が近い。

「テキスト」を読んでレポートを提出するシステムの<テキスト履修>では、ネット上でレポートの添削ができるので、場合によっては何回でも書き直してももらうことができる。受講生にガッツとやる気があれば、とことんつきあって場合によっては、卒論に匹敵するぐらいの量と質のレポートが出てくることだって希ではない。

そんなおつき合いをするものだから、受講生も教師もそれぞれいろいろな思いを持つことがある。「あのきびしい先生の顔を見てみたい」「あのレポートの書き手と話をしてみたい」などというものもあろうし、「チクショー! 苦しめられたお礼に一言文句を言いたいぞ」(これは私の想像)などと思う学生や教師が集まり「オフ会」でようやく顔を合わせて「納得」の出会いをすることもある。

というわけで、昨日の卒業式は学校主催の「大オフ会」のようになった(式、懇親会ともオンラインで配信し、チャットなどで交流した)。すべての卒業生が会場にそろったわけではないが、それでも30人をこす卒業生と後輩やまだ学び続ける同輩たちも遠くは仙台や山形などから駆けつけ、式のあとは、華やかで和気藹々の懇親会となったのである。

開学から4年、非常勤講師の私でさえ感慨深いものがある。このブログでも愚痴ったり、悩みを書いたりしてきたが(もちろん書けないことの方が多かったが)、熱意をもって自分の生き方と学びを結びつけてゆこうとする学生に私は育ててもらった思う。心からありがとうを伝えたい。卒業生だけでなく在校生にも感謝している。社会人が多い大学なので(というかほとんど社会人)、「教える」ことに関しては私が主導するが、それ以外の面では学ぶことが多い。私の知っている学生は、皆、人間的魅力に満ち、いきいきと自分の学びを追求している素敵な人たちだ。

大学が冬の時代を迎えて、といわれはじめて久しいが、この大学に学ぶ学生を見ていると、なんだか力がみなぎり、可能性がみえてくる。

ところで、卒業式の学長代行の「式辞」がとんでもなく薄っぺらでつまらなかった。彼は、大学の教師らしい(ということは研究者としての)見識をまったく感じさせることのない空虚な言葉の羅列に終始したのみだった。学校スタッフではないけれど、非常勤講師として教員席に座らされた私は、あの式辞ではとても恥ずかしかった。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。