スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の複本

家庭で同じ本を複数所有するのはできれば避けたいところだ。しかし、我が家でも、二人で何回か同じ本を購入してしまったことがあり(なぜかとても悔しい)、意図しない「複本」状況が勃発する。何回かの学習の結果、棲み分けするようになり、「あやしいな」と思うものは、購入を考える時点で、相手に確認することで、「複本」状況を避けてきた。

本棚を覗いてみると、「一人複本」というものもある。探して探して、ぜったいどこかにあるはずなのに見つからなかった本は、仕方がないから(仕事で使うから)、お金ばかりかスペースの無駄を承知で買う。最近では、『農場にくらして』やエステスの作品、タウンゼントの『子どもの本の歴史』などがそうだった。修論で使った『指輪物語』の原書は版違いを数種類持っている。『宝島』や『小公女』『不思議の国のアリス』は翻訳者が違うのでそれぞれ数冊ずつ。「アリス」の原書は、イラストレーター違いを数冊(英語は一種類だけですからね)。自慢のお宝は、アンソニー・ブラウンやヘレン・オクセンバリーのアリスである。アリスのイラストレーションはテニエルのものが一番よく知られているが、あの作品は翻訳家だけでなくイラストレーターの魂を刺激するのだろうか。

こんなふうに確信犯的に持つ複本もけっこうな数に上っている。英米の子どもの本は、原書だけでは追いつかず、やはり、翻訳も手に入れることにもなる。大好きでぼろぼろになった本は新しく買い替えるが、かといって古い本を処分することもできない。『リンバロストの乙女』がそうだ。この作品は、夫婦合わせて、原書、翻訳と何冊もっていることか。

で、昨日ダブった本は、河合隼雄さんの『泣き虫ハァちゃん』である。はぁ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。