スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『王への手紙』について

レポートの添削、採点の合間を縫って読んでいた『王への手紙』もあと少しで読了というというところまできた(といっても『王への手紙』だけを読んでいたわけではないけれど)。もう少しで終了というところまできて、気になるところがでてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまえたちが、どうやってヤロをやっかいばらいしたか知らないが。おまえたちにおれの名前をもらしたのは、もちろんあいつだろ。(下巻P267)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにここでは、「おまえたち」(ティウリとピアック)としたことの理由は解る。スルーポルは二人と対面しているからだ。しかし、彼の憎悪は、ティウリに向けられているのではないのか。さらに、「市長はおれが行くまで、おまえたちをつかまえておいてくれるはずだった。だが、おれが行ってみると、おまえとおまえの友だちはとんずらして」(p268)と続くのである。

ここでの二人称は、「おまえ」であって、「おまえたち」ではまずいのではないかという気がしている。難しいところだ。オランダ語の二人称も「単複同形」なのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。