スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴岡へ

一泊二日で鶴岡に行ってきた。「子どもの読書を支える会」主催の「子どもの本・学びの会」連続講座の第一回講師としてお招きいただいたのである。私は「物語の臨界と幸福の結末」というタイトルで、言葉の獲得と物語の理解という点を中心に、「声の文化」としての昔話や絵本を具体的に紹介しながら、お話しさせていただいた。こぢんまりとした集まりだったが、みなさんとても熱心に聴いてくれ、気持ちよくお話しすることができた。

翌日はC小学校の6年生3クラスで授業をした。4年前に6年生に「昔話」の授業をしたこともあり、以来、S先生のクラスが6年生になったら、是非「昔話についてのお話しを」というリクエストに応えたものであった。当初、6年生3クラスだけという予定だったが、急遽、10月訪問の時に、絵本を読んだり語りをした3年生にも「何かを」との依頼を受け、今回も100人の子どもたちを前に絵本を読んだり語ったりした。3年生については、6年生になるまで毎年お願いしますといわれているが、来年度は校長が代わるから、どうなることだろう。

●6年3組
「ひつじかいのバクレングロ」(『太陽の木の枝』)・・・長いお話なのだが、是非紹介したかった。期待通りに楽しんでもらえたようだ。残り時間で、「白雪姫」についての話とポストモダンの絵本を紹介。男の子がSnow White in New Yorkに興味を示し、こびとが「ジャズマン」になっている場面を食い入るように見ていたのが印象的だった。女の子には、『アールデコのシンデレラ』に人気が集中した。

●6年2組
「魔法のユビワ」(『ふしぎなオルガン』)のあと、「どうだった?」と声をかけ、K君の「ビミョウ!」という感想で、一気にクラスの緊張がとけ、「ちくりんぼう」のあとの「昔話についてのお話」では活発な意見が飛びかい、あっという間に時間がたって、絵本を紹介する余裕はなかった。

●6年1組
「ふしぎなオルガン」(『ふしぎなオルガン』)、「ちくりんぼう」のあと、「昔話についてのお話」では、2組ほど盛りあがらず(先生のお話だととても緊張していたらしい)、「お話を聞きたい」という子がいたので、「馬方やまんば」を語ったあと、「やまんば」についてすこし解説した。静かなクラスだったが、言葉はちゃんととどいていたことは実感できた。

●3年生
10月に紹介した「へんなひとかぞえうた」をみんなで復習。しっかり覚えていてくれたので、びっくり。『しりとりのだいすきなおうさま』、「ちくりんぼう」、『月へミルクをとりにいったねこ』と楽しみ、最後は、「へんなひとかぞえうた」「やすべいじじい」で締めた。「やすべいじじい・シュワッチヴァージョン」はとても盛りあがった。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。