スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋空』(上)を読む

いろいろなところで評判になっている(小学生には読ませたくない。学校図書館には、リクエストがあっても入れたくない。など)『恋空』上(美嘉/スターツ出版)を読んだ。人の尻馬に乗って批判するわけにはいかないので、とりあえず「上巻」だけを、大枚千円払って、読んだ。千円という安さなのに(値段としては、ちくま学芸文庫と同じぐらいだ)、装丁だって、ちょっとおしゃれ。

内容は、評判通り、予想通りそうとうひどいものであった。「時間の無駄」だと思いながら、何度放棄しそうになったことか…。「上巻」しか読んでいないのに、批判する資格はないかもしれないが、「下巻」はもう結構というのも一つの批評ではある。

副タイトルに「切ない恋物語」とあるが、高校生の恋愛モノである。主人公の恋話の中で、「レイプ、妊娠、流産」が何の葛藤も深まりもなく、書かれている。日本語も出来の悪い作文だ。まさに、ケータイで垂れ流された文章はこんなものだろうと思わせる。学校のチャイムは「キーン、コーン、カーン」で、PHSの着信は「プー、プー、プー」で「ブー、ブー、ブー」だ。オノマトペも貧弱ならば、交わされる会話もごくごく表面的だ。

『恋空』を一言で表現するならば、「高校生の美嘉がヒロという少年と出会い、そのこと原因でレイプされ、妊娠し、流産して、結局、ヒロとは別れてしまい、今は、つらいことを経験した美嘉をやさしく見守っていた大学生の優とつきあっている話」となるだろう。

気になるのは、これがベストセラーとなり映画化までされるという「事実」であり、「状況」である。

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

ああ…すっごく気持ち分かります…!!!
あたしは恋空は読んでないし、読む気もまったくないんですけど。あらすじをちょっとネットで見てみたら…

「これのどこが人気なの??????」

レイプやらなんやら…
こんな物語読んでなんで泣いたりするわけ?
読んでてちっともワクワクしたり早く読みたい!って気がはやったりする内容じゃないじゃん…

ドラマやらマンガの最近の傾向としましては、
未成年が望まざる妊娠して葛藤して…
で、その解決策として、とりあえず流産にしとけっていう。。。
最低ですね。人の死をもって、どうしようもない問題を無理やり解決させるなんて。
現実だったらそんな簡単じゃないっつの。
流産して、ヒロインがさめざめと泣く姿なんて興ざめですよ。リアリティが全く感じられない。

恋空は特に中高生に人気だそうですよ。
何が楽しいんだろう…問題だなあ…

ああ…熱く語ってしまった…

ケータイ小説

某公共図書館で、『恋空』が話題の本として、目につくところに展示されていたという話を聴きました。どうなんだろう? ちょっと考えてしまう対応のように思います。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。