スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬近し

MMホールへ、日フィルコンサートに出かけた。久しぶりのコバケンだ。プログラムは、グリークのピアノ協奏曲とベートーベンの7番。どちらも、コバケンのうなり声が、不協和音として聞こえるほどの熱演だった。7番は、TVドラマ「のだめカンタービレ」のテーマで使われていたあの曲である。雄々しく華やかだ。今日も、ピアニストとシンバルとティンパニにくぎづけになった私である。

行きの電車の中で、「ふわっ」とナフタリンのにおいがした。雨が降り急に気温が下がって、冬物を出してきたというわけだ。電車で感じるナフタリンに冬の足音を聞いた。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。