スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書週間

10数年前、H市から東京にやってきてびっくりしたことがあった。最初の1年は勝手がわからず、どこに行くのにもめったに車は使わず、とくに仕事には公共交通機関を利用していた。週に1回の非常勤先には、東横線や東海道線で出講していたのであるが、乗客のほとんどが車内で本を読んでいたことに驚いたのだった。東京の人って「読書家」なんだって思ったりもした。私も、始発から乗った東海道線では、予習をしたり本を読んだりしていたものである(で、ときどき酔ったの)。

かつて、H市から大学院に行くために乗っていた東海道線では、自分の予習が忙しくて、本を読んでいる人には気づかなかったのかしらと、つらつら思いだしていて、あっちの東海道線では、座席がボックスシートだったので、あまりたくさんの人が目に入らなかったことに気づいた。

いずれにせよ、横並びの座席に座っている人が、ほとんど何かしらを読んでいることが発見だった。そのうち、人が「どんなもの」を読んでいるかに目がゆくようになると、必ずしも「読書家」だとはいえないことがわかったのであるけれど…。東海道線をつかっていたのは、月曜日であったから、『少年ジャンプ』を読んでいる人が目についたり(発売日だった)、スポーツ新聞や漫画雑誌を読んでいるのは、読書だとはいえないなと、修正したのであった。

ところが最近、電車に乗っても何かを読んでいる人は、ほとんどいない。「本」が「ケータイ」に取って代わられた感がある。本を読んでいるのは、10人のうち2人ぐらいだろうか。

先日、読書に関する各新聞の「世論調査」の結果が発表されたが、世代別の「不読率」が軒並みポイントを上げている。これも、ケータイやゲーム機の普及と大きな関連があるだろうが、「時間がない」ことも読めない理由に挙げられていた。確かに、「時間がない」ことも大きな理由の一つだろうが、小さい頃から「読書習慣」がない世代が育ってきて、その人たちが「不読率」を上昇させているのではないかと考えられないだろうか。高齢者の不読率が高いのは、やはり「目」か。

私も「目が悪く」なってきて、電車の中で本を読みづらく感じることもある。というわけで、本を読んでいない時には、ひそかに乗客ウオッチングを楽しんでいる。

先日地下鉄で見かけた、生後数ヶ月の赤ちゃんをベビーカーに乗せて乗車してきたお母さんは、赤ちゃんがご機嫌な声を上げているのをいいことに、ケータイメールに熱中し、乗ってから降りるまで、ひと言も声をかけたり、目を合わせたりすることはなかった(15分ぐらい)。

おかあさん! それでいいのか!

コメントの投稿

非公開コメント

最近の親は(私も親ですが)ケータイに注意がいって、子には注意がないです。

しかし、そんな親ばかりではないことも知ってます。

ケータイは親のおもちゃ、では、子どもは何でしょうか?
気になりますよね。ベビーカーを押しながらのケータイはもっての他です。
危険極まりない(怒)

段々、激してきたので、本日はこれにて。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。