スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続く添削

いつになったら終わりになるのか先が見えない添削も、評価が出来るようなものに仕上がって提出されてくる。うれしい。こっちだって、意地悪で「再提出」を課しているわけではないのに、きっと「XXばばあ」と思われ、罵られているだろうな。

問題意識を持っていなければ、水準点に達するレポートが書けないのは当然のことであるが、「問題意識」がないと、「子どもにとって必要な作品であると思われる」「子どもの読書体験にふさわしいものである」など、どこにでもあるような陳腐な結論を書いてよしとしてしまう。

「子ども時代の読書体験の重要性」について論じるならば、レポートもそのように構成されるべきなのだが、そのようなレポートたちからは「課題だから仕方なく課題図書を読んで、書いているんです」という匂い(?)がぷんぷんしてくる。自分と作品と格闘したプロセスを大事にしたいのだけれど、その過程が見えてこない。でも、本気になって格闘すれば、必ず見えてくるものもあるし、「顔の見える」レポートが書けるのだ。私はそれを信じて今日も、朝から添削しているのであった
(T_T)。

そういうわけで、読書は進まず。週末に、あさのあつこ『福音の少年』。少年のもつひりひりとした感覚、触れればきれそうな少年の感受性がぶつかり合う。これは『バッテリー』にも通じるところがある。しかし、物語としては、残念ながら、楽しめなかった。オープン・エンドにも少し不満。

Ballet ShoesとCSルイスの『愛はあまりにも若く』を併読中。我ながら、何という組み合わせかと思う。

今から、歯医者でプチ手術。午後からは、翻訳チェックに本腰を入れよう。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。