スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらべうたの力

2歳児を持つお母さんのサークルで、「何か絵本についてお話を」と頼まれた(もちろん、ボランティア)。その打ち合わせに、2歳児をつれてお母さんがふたりやってきた。

ちびちゃんたちは、知らない家にきてなんだか落ち着かない様子だったが、そのうち慣れてきて、用意した絵本を読んでもらったり、ごろごろ遊んでいた。2歳の人にとっては、本もまだ「おもちゃのひとつ」である。なめたり、投げたり、ページをめくって楽しんだりしながら、本というものを理解してゆくのである。

『じゃあじゃあびりびり』と「ずっくぼんじょ」には、はっきり食いついてきたのがわかった。とくに、「ずっくぼんじょ」は、その唄を聞いたとたん、Sちゃんは、「ぴくっ」と身体で反応した。言葉が身体の中に吸収されて、全身で受けとめたということがわかった。理性的というより感覚的、動物的な反応であった。お母さんもびっくりしていたが、私にとっても感動的なできごとであった。

それから、私はSちゃんと「いっぽんばしこちょこちょ」で遊んだが、「も一回やる?」と聞くと、「うん」といって、何回も何回も楽しんだ。最初の数回は、「おてて出してごらん」というと、掌を上にすることができなかったが、しばらくするうちに学習した。わらべ唄には、遊びながら、自分の身体感覚を養い、高める力もあるのだ。

というわけで、昨日は、「この子のかわいさ」という沼津に伝わる「子守歌」をピアノで音を取りながら練習した。とてもいい歌だが、なかなかどうして思うようには歌えない。

コメントの投稿

非公開コメント

「ずくぼんじょ」は私も大好きなわらべうたです。春のおはなし会には必ずうたう定番の唄のひとつです。
 日本の子もりうたは、海外にくらべると暗いメロディですよね。でも歌詞には、子どもへの愛情が感じられるものが多くてじーんとしてしまいます。沼津の子もりうたは、どんな歌詞なのでしょう。いつか唄ってくださいね。

ゆきなさま:季節外れなのに、歌ってしまいました。オフ会でも、歌いました。確かに、日本の子守歌は、マイナーコードで寂しい感じがしますが、私は嫌いではありません。「この子のかわいさ」の歌詞は、「千本松原よりもおまえがかわいい」というものです。たぶんご存じなのでは。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。