スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録<4>イギリス児童文学と風土

英国文学はその歴史や風土と深く関わっている。また、子どもの文学も例外ではない。ルーシー・ボストンの所有していた「グリーンノウの館」と<グリーンノウシリーズ>、ファージョンの作品群とサセックス地方、アッシュダウンの森と『クマのプーさん』。しかし、湖水地方とビアトリクス・ポターの関係ほど有名で心そそられるものはないかもしれない。私たちは、『「ジンジャーとピクルスや」のおはなし』のお店や、『パイが二つあったおはなし』に出てくる「くぐり抜けのみち」を見つけた! それは、まさに絵本そのままであった。

ポターがはじめて湖水地方を訪れたのは16歳の時である。その後、1905年にニアソーリーに家を購入した時には、すでに、5冊の本を出版し絵本作家としての地位を確立していた。両親の強い反対にも関わらず、絵本の出版をつうじて親しくなったウォーン氏と婚約していたのだが、彼の白血病での急逝も、ビアトリクスがニアソーリーへ移った理由の一つかもしれない。『ピーターラビットのおはなし』は、ポターが家族と訪れていた「リンゴルム館」の周辺の風景がモデルだろうといわれている。

雨にたたられ、荷物に悩まされた旅ではあったが、湖水地方での2泊は、小雨こそぱらついたものの奇跡的に晴れてよい写真が撮れた。アーサー・ランサムの<ツバメ号とアマゾン号>シリーズの舞台になっているコニストン湖での「ツバメ号とアマゾン号クルーズ」では、「ハリ・ハウ農場」や、「黄金の川の王さま」で知られるジョン・ラスキンが亡くなるまで30年を過ごした家を遠く望むことができた。

そのほか、マーカスとエスカがローマ軍の象徴である<ワシ>を求めて旅する『第九軍団のワシ』にも出てくる「ハドリアヌスの防壁」も訪問した。この作品には、ローマ軍の北部への侵攻とブリトン人の抵抗が描かれているが、ローマ軍はブリトンの部族たちの進入や攻撃を防御するために、紀元120年頃、全長120㎞におよぶ「ハドリアヌスの防壁」を築いた。

写真は「ハドリアヌスの防壁」である。駐車場から雨の中を片道1㎞弱、羊が放牧されている牧場を歩いてのみ到達できる「ハドリアヌスの防壁」のあたりは、延々と続く壁と牧場、兵舎跡以外のものは何も目えない。ふり返れば、そちらもうねうねと続く牧場が広がっているのである。ここで私は、エスカとともに<ワシ>を抱えて決死の思いで沼地をわたっているマーカスの姿を容易に想像することができた。

下の写真は、サー・ウォルター・スコットの詩「湖上の麗人」の舞台になった、ロッホ・カトリン(スコットランド・スターリング)

20070726065019.jpg

20070726065053.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。