スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録<1>エジンバラから

私たちの旅はエジンバラから始まった。すでに成田で3時間遅れで出発したため、ヒースロー空港からの乗り継ぎ便には間に合わず、エジンバラまで二手に分かれざるを得なかった。それが、「荷物」への禍根を残すこととなったのであろうか。

というわけで、ホテルに入った時にはすでに11時をすぎていた。着がえもそこそこに、まず、週末で人が混みあっている近くのパブにでかける。スコティッシュ・ビール(ハーフパイント)、£1.35なり。パブは、ロックがががんがん鳴ってるし、客も学生らしき若者が多く、私たちは場違い?

翌朝(6月23日)は、正統的なイングリッシュ・ブレックファーストをいただく。フライド・トマト、フライド・マッシュルーム、ソーセージ(肉以外の何かが入っているこのソーセージは苦手)。「ハギス」「ブラック・プディング」にスコットランドらしさが出ている。

あいにくの雨にも関わらず、徒歩で、エジンバラ城近辺の観光(エジンバラ城、ロイヤル・マイル、ホリールード宮殿)に出かけた。天気がよければどうってことのない距離も、傘をさしての移動は、辛い、寒い。「雨仕様」の靴なのに雨水が浸みこみ、靴下がぐっしょり濡れる。手近な靴屋さんで、手頃な靴を入手すべく履いてみるも、すべて大きすぎる。雨の多かった今回の旅行では、靴に大いに悩まされることになったのである。

ランチに「フィッシュ&チップス」をいただく。もちろんビールも。午後からは、ロイヤル・マイル沿いにあるスコティッシュ・ストーリーテリング・センターを訪問した。折しも、エジンバラではフェスティバルが開かれており、雨にも関わらず観光客が多く、街頭では大道芸人が人を集めていた。センター所属の語り手たちも、「お話ガイド」として活躍していたようだ。

写真は、ホテルの前から望んだエジンバラ城です。

20070726062750.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

ん・・・ UKの匂い
大昔、学生時分にロンドンから電車で6時間程?だったか
かけてエジンバラに行った頃を思い出しました。

どこに行っても東西南北を確認しながら歩く私が、
唯の一度だけ道に迷ったのが、エジンバラでした。
こじんまりとした街なのに

ところで、「ハギス」とはどんなものでしょうか?
また「ブララック・プディング」は何で作られているのですか?
どちらともあまり、おいしそうな響きはしないのですが

ハギスとブラックプディング

野尻典子さま:コメントありがとうございます。ハギスは、内臓(羊など)、オートミール、脂肪などを胃袋に詰めて煮たものです。ブラックプディング(ブラッドプディングとも言うらしい)は、ブタの血、脂肪から作るソーセージです。どちらも、慣れない人にはくせを感じ、食べられないかもしれません。私は、朝食にはパスです。できれば、夜、ピートの香りがするウイスキーとともに、ちょっぴりあればいいかなぁ。でも、やみつきになる人もいると思いますよ。

NoTitle

うっ・・・ どちらとも濃いですねぇ
ブラックプディングを黒ゴマなど黒五と呼ばれるヘルシーな食材を想像していましたが、似ても似つかないものですね

B&Bにしか泊まったことがない私は、知りませんでした
(きっとお高ーいホテルの朝食なんでしょう・・・か)

素適な写真

見せてくださって
♪ありがとう (v^-^v)♪ございま~す♪♪

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。