スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松谷みよ子『つつじのむすめ』を読みなおす

松谷みよ子さんの『つつじのむすめ』(あかね書房/1974年初版)は、山を5つ越したさきの祭りに招かれた娘が、若者と出会い、恋におちるところから始まる。祭りで出会った若者のことを忘れることができなくなった娘は、ある晩、山を越えて若者に会いに行くことを思いつく。それからというもの、娘は毎晩山を越えて若者のもとに出かけてゆく。出かける前に娘は、両手に一握りずつ米を持つ。山を越えるうちにその米はつきたての餅となり、娘と若者は、餅を食べながら愛を語らう夜を過ごすのだった。「さすがに今日は来られないだろう」と思った嵐の夜にさえやってきた娘に、若者は驚き「魔性のもの」ではないかと問う。その日から、若者は娘が恐ろしく、そして、いとわしくなった。とうとう、ある晩、若者は険しい崖で娘を待ち伏せし、谷に突き落としてしまうのだった。そののち、あたりには真っ赤なつつじが咲き乱れるようになったという。長野県上田市に伝わる「つつじの乙女」の伝説を松谷さんが再話したということだ。

丸木俊描く豊満な娘が美しくかつエロティックで、絵本全体に使われているあかね色が、結末の悲劇性をさらに強めて、深く印象に残る絵本である。娘の一途な気持ちが報われず、愛した若者にも嫌われてしまうのは心にしみる。しかし、この娘の恋が成就することなく、若者に殺されてしまう結末は、男の身勝手さを感じ、気になっていた。

ところが『つつじのむすめ』を、『常陸国風土記』(717?)に収録されている「歌垣で出会った少年と少女が松に変身した話」と重ねあわせて読むと、物語はまた新しい様相を帯びてくるのである。『つつじのむすめ』に出てくる若者と娘は「祭り」で出会うのであるが、「祭り」や「歌垣」は、ふだんは別の地域に暮らす男女の出会いの場であり、非日常的空間ということである。そのような場で「出会って恋に落ちるというのは、古代の婚姻形態からするとタブー性を抱えている」(三浦佑之『日本古代文学入門』/幻冬舎)のだそうだ。つまり、「婚姻関係をとり結ぶことは、ひとつの共同体と別の共同体とが緊密な関係を持つことを意味し(中略)通婚圏(交易圏)を異にする女性との婚姻は社会的に許されないこと」(同書)なのだそうだ。『つつじのむすめ』は、古代の「婚姻のタブー」から生まれた物語として読むこともできるだろう。

また、『常陸国風土記』で恋に落ちた二人は、夢中になって語らっていたので夜が明けそうになっているのに気がつかなかった。鶏が時を告げ、犬が鳴き、日の出の時刻となったとき、彼らはどうしていいのか解らず、人に見られるのが恥ずかしくて、松の木になってしまったのである。三浦先生は、この変身について次のように述べている。

神から人への交替の時に[夜と昼の境目の危険な時]、人から松への変身が生じているわけで、境目の時刻が、この物語の発想を支えています。(中略)恋を語らっている男女が夜明けとともに松になってしまうというお話しは、裏をかえせば、もともと明るい太陽の光のもとで存在していたのは二本の松だったのではないかという推測を浮かびあがらせます。(三浦佑之『日本古代文学入門』)

すると、夜な夜な、両方の手に米を握りしめて走りに走る「娘」は、つつじの花の化身だったのではないかとも読める。そうなると『つつじのむすめ』は、人間の男とつつじの精との異類婚を語っているともいえないだろうか。時の経過につれ、古代人の価値観や意識が忘れられ、そぎ落とされ、変化してゆく中で、「つつじの乙女」伝説は、いつの間にか「悲恋物語」として伝わり定着した、そんなふうに私には感じられるのである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。