スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『精霊の守り人』は?

アニメ『精霊の守り人』のBS特番を見た(録画してくれた夫に感謝!)。充実した3時間番組であった。活字作品をアニメにするまでの「メイキング」映像には、それぞれの時点で関わる人たちの熱意や作品への愛がうねり、渦巻いてゆくさまが捉えられ、そのエネルギーで一つのアニメができあがってゆく過程がとてもよかったし、説得力もあった。複数の脚本家が、言葉一つ一つを丁寧に検討してゆく様子も、好感が持てた。実際に採用された台詞は、「バルサだったらこういうだろうな」と感じさせるものだったので、作品に対する期待は大いに高まったのである。

とくに見応えがあったのは、神山健治監督と上橋菜穂子さんの対談だった。ファンタジーを映像化することの危険を十分に承知している神山監督が、なぜ『精霊の守り人』を選択したのか、また、上橋さんがなぜ神山監督ならば、とゴーサインを出したのかなど、さまざまな疑問にも答えるものであった。また、神山作品『Stand Alone Complex』の大ファンであることもふくめて、上橋さんの監督に対する「あこがれ」のようなものが素直に出ているところもかわいかった。

ファンタジーを映像化することへの危惧は、かつて井辻朱美さんが吐露していたものに重なる部分があったが、映像作家としての作品への直感や、見方には耳を傾けるべき発言が多くあった。ただし、番組中に放映された『Stand Alone Complex』第二話については、司会の佐藤××嬢が感銘したほど、私の中には残念ながら響いてこなかった。ビジュアル(映像)人間ではないのだろうか…。

期待が高まりすぎたせいだろうか、放映された第一回目の作品には、正直がっかりだった。バルサをはじめ登場人物の顔や作品の背景に関しては、プロの神山さんの世界をそのまま受けとめたいし、とてもよくできていると思う。屋台の場面の看板には圧倒されてしまった。

ただ、顔がアップになったときのくちびるの動きが、とてもうるさい。ほとんど一音一音くちびるが動いている感じがする。ところが、顔の表情全体は、ほとんどくちびるの動きだけでつくられ(顔全体の動きがなく「のっぺらぼう」みたいなのだ)、まばたきとのバランスも悪いように思われた。つまり、人間の「動作」にリアリティが感じられなかったのである。また、主要登場人物と脇役的人物に統一感がなかったことにも違和感をもった。とくに、二の后の館にいる家来たちとバルサ、二の后の造形に距離を感じた。家来たちがより現実的な造形で、バルサや后には、今風アニメキャラに連なる造形を感じた。リアリティは、現実のミメーシスではつくることはできないと思うのであるが、どうつくれば、リアリティが生まれるのだろう。

課題図書がどんどん映像化されてしまうのは、個人的にはとても困るところだが(課題図書から外れると読まないし、本を売っぱらってしまう学生がいるらしいので)、今後の展開が気になるところでもある。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。