スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井桃子さん

石井桃子さんが3月10日で100歳を迎えられる。岩波書店のPR誌『図書』3月号では、石井さんの100歳を記念して、松居直、今江祥智、中川李枝子の座談会の模様が掲載されている(巻頭文も石井さんの「三つ子の魂」である)。

あらためて、石井桃子さんが日本の児童文学に果たしてきた役割の大きさを認識した。なかでも翻訳に果たした業績は途方もないものだと思う。松居さんの「聞く力のある人が、語る力のある人になるんですね。先生は、翻訳でも創作でも、語りですね」よいう評価は、なるほどそうなんだと説得力がある。

子どもの本のスタイルは、ただ文章を練れば良いというものではない。声に出されたときのことも考えなくてはいけないというのは、よく言われることであるが、どれほどの作家、翻訳者、編集者がそこまできびしく自分たちを律しているのか、疑問に思うことがある。もちろん大部の物語であったとしても同様であろう。

エステスの古典的な作品を『百まいのドレス』として、50年ぶりに改訳されたということであるが、これからも本質的なところでのお仕事をできるだけ長く続けていただきたいと心からお祈り申し上げる。

ところで、今江祥智の「ぼくは『クマのプーさん』が岩波文庫に入るまで生きようと思っています」発言には、大いに励まされた。

コメントの投稿

非公開コメント

めでたい・・・

 石井桃子さんの100歳を祝って、銀座のナルニア国でも
色々イベントがありますよね。
 『図書』チェックしそこねてました。
まだ書店においてあるでしょうか!?明日にでもゲットしてきます。『図書』最近全然ノーチェックだったんです。
 
 ところで、春からは八洲の児童サービス論ってスクーリングがあるのですね。私は今期で多分終了なので、先生のスクーリング授業がおがめず残念です。
 結局教室にも授業受けに行ったことないのです。先生の授業を生で受けたかったです。残念です。

晶さん:「もぐり」でいらっしゃいませんか? 学生が一人もいないところで授業をするのは予想もつきません。できれば、お近くの、顔を知っている方にもぐっていただけると、私としてはうれしいのですが。

そういえば、「ナルニア国」のイヴェントチェックしなきゃです。昨日来、石井さんの『幻の赤い実』に耽っておりました(たぶん3度目か4度目になるはずです)。

何度もすみません・・・

 先生、本当にもぐってもいいでしょうか・・!?
実は八洲のSNSのほうでも、児童サービス論を既に単位をとった学生たちの間で、スクーリング聴講生制度があればね・・という話が出ているのです。
 先生のお許しがあれば、結構「もぐりたい」学生はいるかと思います。遠方の学生さんは難しいでしょうが・・・。

 『幻の赤い実』昔一度読んだきりです。私もちょっと再読したくなりました。あの時はまだ若すぎて、もどかしい気持ちで読んだ記憶がります。しかし、あの分厚さ・・・先生何度も再読されていて、さすがです。私は精神年齢が低いせいか?『幼なものがたり』のほうが好きなんですよね。全然質が違う本でしたね・・・。(汗)

「モグリ」について

晶さん:その方が私としても授業がやりやすいのです。晶さん以外の方も、もちろん歓迎です。ところで、この件については、メールでのやりとりの方がいいと思います。申し訳ないのですが、メールを下さい。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。