スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録

とりあえず読んだ本を記録しておこう。

●斉藤洋『白狐魔記 源平の風』(偕成社)★★★
●斉藤洋『白狐魔記 蒙古の波』(偕成社)★★★
●アレックス・シアラー『チョコレート・アンダーグラウンド』(求龍堂)★★★★
●小風さち『ゆびぬき小路の秘密』(福音館書店)★★★★

『白狐魔記』はたぶん単独で読んだら、★四つはついたかもしれないが、間髪を入れずに『チョコレート・アンダーグラウンド』を読んだので、少し評価が下がってしまった。「きつね」についての資料本。

シアラーは、読まなくてはと思いつつ、先のばしにしてきた本。「うまい!」。

『ゆびぬき小路の秘密』は、ファンタジーの中に入れ子のように「タイムスリップ」が起きる、おもしろい構造をもっている。物語は、リアリスティック・フィクションのように始まるのに、どうしてファンタジーだと思いながら読んでしまうのか? 場所なのか? 日本人の作家がイギリスを舞台にして書いているからなのか? とにかく不思議。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。