スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の一分

ようやくのことで「武士の一分」を見に行った。これで山田洋次監督、藤沢周平3部作が完結したことになる。主演が木村拓哉くんであることから、前評判で煽られた若い女性が多いのかと思いきや、結構落ち着いた年齢の夫婦連れが目立った。もちろん若いカップルもいたのだが。

期待以上に木村拓哉くんが良かった。盲目になってからの表情には「凄味」がにじみ出て、迫力があった。役にあわせて体重も落としたんではなかろうか。もちろんのことだが、「ぶっちゃけ」も「ちょ、まてよ」もなければ、唇をなめて喋る、下唇をゆがめて喋る仕草もなかった。「じゃ、あれは、素に思わせておいて、じつは役作りだったのか」と思わせるほどに、誇りに満ちた武士を好演していた。

また、脇を固める役者もすごかった。緒形拳、小林稔侍、桃井かおりなどそうそうたるメンバーで、なかでも、中間役の笹野高史は良い味を出していた。板東三津五郎の所作はさすがに美しかったが、主人公の妻を手込めにする「卑劣なエロじじい」そのもので、監督がねらった「悪魔的な魅力」は残念ながら感じられなかった。

映像的には、「足」「足裏」が非常に印象に残っている。盲目になってから、剣の師匠(緒形拳)との立ち会いのときに見せる足のさばき、壇れいの素足や足袋をはいた足の動きなどが鮮やかに思い出される。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。