スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンブル・ウエスト 「ブランカ」

「コッペリア」の「眠り」でお世話になった先生が出演する、川口ゆり子舞踊生活50周年記念として制作された「ブランカ」を観に行った。じつは、私は日本のカンパニーの作品(それも創作)を見るのは初めてである(Kカンパニーも見ていない)。してはいけないと思いつつ、ついつい、いままでに鑑賞したロシアの踊り手たちと比較してしまう。ジャンプ低っ! 足短っ! でも踊りや物語は楽しめた。

しかし、いくら「川口ゆり子…」という冠プログラムでも、彼女が「姫」を踊ることには無理があるような…。彼女には、氷の国に住む非日常的な冷たい美しさはなかった。音楽も、ドビュッシーを使ったということであるが、いただけない。重苦しいだけで、ピーンとはりつめたような-30℃の世界とはほど遠いものであった。残念。しかも、あの程度のオケならば、もっといい音源を使って、生オケにこだわらないほうが良かったと思う。

村娘や村人たちの踊りは、マイムが多く、これもちょっと期待していただけにがっかり。村娘には民族舞踊などを振りつけ、見せ所の一つにしたら、もっと、プログラムにメリハリが出ただろうにと思う。

コールドの一つ一つの踊りは、統一感があって、上手な人をそろえたなという印象をもった。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。