スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メアリーさんのやさしさとプロ意識

初めて読んだときからとても気に入り、かねがねどこかで紹介したいと思っていた絵本『メアリー・スミス』(アンドレア・ユーレン作/千葉茂樹訳/光村教育図書)をようやく学生に紹介することができた。

メアリーさんは「ノッカーアップ」(knocker-up)だ。朝早く起きて、人を起こしに行くのがメアリーさんの仕事である。ほそながいチューブに乾いた豆をつめて、窓めがけて「ぷっ」と一吹きする。豆が窓にあたる音で人が起きるという仕組み。パン屋さんの豆は「カチン!」「コツン!」と音を立て、汽車の車掌さんの豆は「ピチ、パチ!」と鋭い音を立てる。いったんは起きて窓から顔を出した車掌さんは、そのまま眠ってしまう。すかさずその鼻の頭に「ポツン!」と豆が飛んでくる。

きっと汽車の車掌さんは、寝起きが悪いに違いない。だから、メアリーさんは、パン屋さんにとばす豆と車掌さんにとばす豆の勢いを変えるのだろう。それが、豆のならす音の違いとなって表現されている。これはメアリーさんのプロ意識。そして、再び眠ってしまった車掌さんの鼻をめがけてやさしく豆を吹き飛ばすのは、プロの技術に裏打ちされたやさしさが生み出す「ポツン!」。

このメアリーさんのやさしさとプロ意識にしあわせを感じる。

ところで、日本では「信頼できる目覚まし時計」がなかったころ、人はどうやって起きていたのだろう? 「お寺の鐘」?「ニワトリのコケコッコー」?

裏表紙には、メアリー・スミスさんが豆を飛ばそうとチューブをくわえた写真が載っている(1927年)。ちょっと昔の本当にあった話。

コメントの投稿

非公開コメント

『メアリースミス』の絵本は以前から気になっていましたが、豆の音の違いに、プロ意識とやさしさを汲み取るところまでは、理解していませんでした。なるほど! 私の知人が、小学校の高学年で読んだところ、「じゃあ、メアリーさんはどうやって起きるの」と聞かれたとか。う~ん、やっぱり鶏の鳴き声だったのでしょうか。

メアリーさん

マチルダさん:おはようございます。そうです。メアリーさん、寝坊することなかったのかしら、と思いますよね。メアリーさんが起きてくれなければ、町が機能しない!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。