スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本マラソン

毎年、秋学期の最初の授業は「絵本マラソン」と称して、私の声と体力が続く限り絵本を読みまくることにしている。しかし、私が絵本を運ぶ体力にも限界があり、読みたいと思った本をすべて持ってゆくことはできなかった(最近は電車で出勤)。しかも、ここ数日尋常でない肩こりに苦しめられているのである。あまりに辛くて、椅子の背や柱の角のところで肩をぐりぐり押さえていたくらいだ。

「何でもかんでもござれ!」とばかりに、脈絡もなく、テーマもなく読みに読んだ7冊+α。

●『ウエズレーの国』(ポール・フライシュマン/ケビン・ホークス/千葉茂樹訳/あすなろ書房)
●『あさの絵本』(谷川俊太郎文/吉村和敏写真/アリス館)
●『島ひきおに』(山下明生文/梶山俊夫絵/偕成社)
●『うそつきのつき』(内田麟太郎作/荒井良二絵/ぶんけい)
●『つつじのむすめ』(松谷みよ子文/丸木俊絵/あかね書房)
●『メアリー・スミス』(アンドレア・ユーレン作/千葉茂樹訳/光村教育図書)
●『エドワルド:せかいでいちばんおぞましいおとこのこ』(ジョン・バー人ガム作千葉茂樹訳)
●「末むすこのかったものは?」(『どうしてかわかる?』ジョージ・シャノン文/ピーター・シス絵/福本友美子訳/晶文社)

意図したわけではないのに、千葉茂樹訳の絵本が3冊もはいっていたのには驚き。また「末むすこのかったものは?」は訳文がどうしても読みにくいので、少し自分の語り口にして読んだ。このままストーリーテリングにできないかしら……。

『うそつきのつき』もアクセントに注意して読まなくてはいけないので、難しい。しかし、この絵本を関西のアクセントで読んだらどうなるだろう。「うそつき」の「つき」と「つき」の「月」が聞きわけ(読みわけ)られなくてはおもしろくないからだ。

コメントの投稿

非公開コメント

千葉茂樹が訳した絵本と言えば、『雪の写真家 ベントレー』(作/J。B。マーテイン 絵/M。アゼアリアン BL出版)もいいです.木版画の素朴なタッチに、ジャケットをめくると、表紙はちょっとくすんだ藍色に3個の形の違う雪の結晶が。図書館から借りるとこの装丁の良さが見せられないので、買ってしまいました。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。