スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロザムンドおばさんの贈り物』を読む

『ロザムンドおばさんの贈り物』(ロザムンド・ピルチャー著/晶文社)を読んだ。2冊の短編集から訳者(中村妙子)が7編を選んで訳した短編集。どれもこれも読後感がとてもよい。オー・ヘンリーの作品を読んだあとみたいな満足感と幸福感をもった。ちょっと気の利いた結末は、時におしゃれで、ハッピー・エンドとよぶほど大げさなものではないが、独特の世界を穏やかに主張し、じわじわと心にしみいる。ささやかな幸福に驚く力を目覚めさせてくれた。

最近の子どもの本は、ひりひりと痛むような子どもや子どもを取りまく世界が書かれ、なんだかつらい気持ちを抱かされていたのだが、ピルチャーの作品は、もちろん子どもの文学ではないけれど、物語のよろこびを素直に伝えてくれた。こんな作品がもっと読まれてもいいはず、と感じた。原書は、1985年、1991年に出版されたもので、翻訳も1993年である。いまこのような物語世界を書く人はいないのだろうか。それとも、書けないのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。