スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムタクかツヨシか

「キムタクを選ぶ女の単純を生きられなくてツヨシを選ぶ」という短歌を俵万智の『百人一酒』のなかの「文庫版のためのあとがき」で見つけて、気になっていた。

「わかる」というか、ちょっと核心つかれたな、という気がしたのも事実。キムタクがなかなかに好きだから、「うーーん、単純か、私」って自分につっこんだ。夫にいわせると、私の好みは「わかりやすい」のだそうだ。授業などで何かの拍子に「拓ちゃん」なんていうと、必ず「先生、キムタク好きなんだ!」って反応する学生もいるし、その「わかりやすさ」を戦略にしていた気味もある。

なぜ「ツヨシ」なんだ。「マサヒロ」でも「シンゴ」でも「ゴロー」でもなく「ツヨシ」なのである。でも、よく考えると、これもちといやらしいという気がしていた。「私って、顔じゃないのー」的アピールだ。少し前の話でいうと、「ワカかタカか」の二者択一。いや、別に二者択一しなくてもいいんですけどね。

で、何で突然「ツヨシ」か、というと、『スタアの恋』の再放送につい見入ってしまったからである。リアル・タイムではもちろん見たことはなかったのであるが、昨日と今日、ぼんやり見ていたら、なんと「ツヨシ」にやられてしまったのである。ツヨシ君、ときどきびっくりするほど、素敵な表情を見せるのである。やられました。

相手役、「ノリカ」なのか「リョウコ」なのかもう一人「××」なのか思い出せずに、しばらくの間、悩みました。「松」と「ナナコ」も最初は区別がつきませんでした。すまん。「××」の名前は、いまも思い出せない。

コメントの投稿

非公開コメント

キムタク

わたしもキムタクが好きです。キムタクとツヨシのどこが違うかというと顔も違うのだけれど ツヨシは男じゃない 中性なんですね。それは強くないとか男らしくないとかでなく ニュートラルなよく言えば透明な わるくいえば 逃げちゃってんじゃなにの...という感じです。なにか強烈なトラウマとそれを乗り越えた気配を感じます。漂白されたというか......。

キムタクはやっぱり男なんです。五人のなかでは一番そう感じる。甘いマスクと声のギャップがおもしろい。葛藤もあるだろうが それを見せない。 そこが好き。ずっと見ていたい男のひとりです。

ところで わしこさん 語ってみません???

lucaさん:コメントありがとうございます。「ツヨシ」くんに対する「漂白された」という評、わかるような気がします。

「語る」のですか? まだまだ、語れないような気がします。lucaさんの語り、ぜひ聴きたいです。

聞いてください。 わたしの語りを。
わしこさんに聞いていただきたいです。

できれば 神さまの降りていらっしゃるときがいいのですが
そのときにならないと わかりません。

語りの祭で さもなければ 12/3に
来年 春には なにか と思っているのですが。

わしこさんが語りたくなるように 語れればうれしい。

たのしみに待ってます。時が満つまで。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。