スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みだ!

授業は7月に終わっていたのだが、レポートの採点と成績づけが終了していなかったので、私的には「夏休み!」には突入していなかった。しかし、昨日ようやく成績を送って、一段落した。E=ラーニングの大学は、これから試験だし、レポートも添削もまだまだあるけど、とりあえず、ほっとしている。

人形物語についての原稿も終了し、秋からの授業のネタも増えて、うれし。

岩波書店の雑誌『文学』の7,8月号が「ファンタジーの世界」を特集している。斉藤敦夫、脇明子、井辻朱美、小谷真理とそうそうたるメンバーが顔をそろえている。他の書き手もかなりのレベルで、さすが岩波って感じだ。いまファンタジーで論陣を張れる旬の人である、脇、井辻、小谷の論文がそろい踏みだなんて、うれしくなってしまう。

脇明子さんは、最近「子どもの読書」の立場から、注目すべき発言をしているが、ここに掲載されている「仮想世界の罠とファンタジーの真実」でも、ある危機感を持って現在のファンタジーの状況を分析し、発言している。ファンタジーを語りつつ、現代社会批評にも広がっている力作だ。文学の果たす役割についても考えさせられる。

岩波書店といえば、ジブリの話題の映画<ゲド戦記>を連想するが、なぜか、<ゲド戦記>についての論考がないのもふしぎ。訳者である清水真砂子さんの<ゲド戦記>論やファンタジー論をうかがいと思うのは私ばかりではないだろうに。

ところで、映画「ゲド戦記」の評判が悪い。「映画と原作」というテーマで学生に宿題を出している手前、私も見に行かなくてはと思っているのに、腰があがらない。清水さんが期待していたように「きっと初々しい、いい作品」になっているのだろうか? それについても、清水さんのご意見を伺いたいところだ。また、「吾郎さんにすべてを預ける」と言ったル=グインは、どう映画を見るだろうか。作品への一つの批評として、どう考えるか、ぜひ聴きたい。

コメントの投稿

非公開コメント

  映画「ゲド戦記」は10人のうち10人が つまらないと言っていると息子も申していました。眠ってしまったそうです。わたしは最初から決めているので 行きません。わたしの内なるアーキペラゴに誰にも踏み入らせたくないからです。

 けれども たいした作品でないとすれば危険性は落ちることになる。ほんとうはまずいです、それはね。

 RADAのワークショップはおもしろかったのですが からだがガタガタ....もっと若い頃 体験しておくのでした。ともあれからだに聴く...感覚を拡げる 精神と肉体と感覚の一体化...をめざそう。魔法が使えるようになるかもしれない....。

lucaさん:お帰りなさい。いっぱいのエネルギーをもらってお帰りだということが、文章にも表れていますね。分けていただきたいです。

Hさん:コメントありがとうございます。とても納得できました。じつは、pcを買い換えて、アドレスが不明です。メールを差し上げたいと思うのですが、差し支えなければ、メルアド教えてください。ブログ、読んでいただいていたのですね。ありがとうございます。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。