スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと絵本を楽しむ

悲しいかな、身近に幼い子どもがいないので、いつもいつも子どもたちと絵本を楽しむことができない。でも、たまにチャンスに恵まれることもある。

昨日のお稽古は、Aさんが特別参加(ありがとう!)。私は、ポワントが足に合わず、お稽古は「?」だったが、Aさんが連れてきたお子さんと絵本を読むというチャンスに恵まれた。お子さん(Eちゃん)が幼稚園からもらってきた「こどものとも」の最新号『わたしのかさはそらのいろ』だ。

Eちゃんは、最初私が声を出して読みはじめたときは、少し遠くから眺めていたのだが、すぐそばによってきて、「ふわふわ」「くすくす」笑ったり、「あっ、かさがおおきくなってるね」なんていいながら物語を楽しんだ。「わたしのかさは/そらのいろ/あめのなかでも/いいてんき」という歌の部分は即興で歌にして歌ったので、帰りは、二人でずっと「わたしのかさは・・・」と歌いながら、駅まで歩いたのである。

いままでAさん特別参加のお稽古には、ほとんどの場合Eちゃんも一緒だったから、彼女とは、顔見知りになっていたし、お話もしたことがあった。しかし、昨日は「絵本」を仲立ちにして、さらにぐっと深いつながりができた気がする(たとえ一回性のものでも)。絵本前と絵本後のEちゃんの私に対するスタンスが明らかに違うのであった。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。