スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日フィルコンサート

今日もポワント・レッスンはパスし、通常レッスンのみを終えてMMホールへとむかう。あまりによい天気だったので傘を忘れ、バレエの稽古を終えて外に出たら雨が降っていた(しかし、洗濯物は青空の中、しぶしぶ部屋の中に入れてきたのだけれど)。そして、小やみになった雨の中を駅まで走ったのである。

そんなわけで「つかれた、ねむい、おなかへった」という三重苦での演奏会だった。しかし、音が鳴りだしたとたん、こちらも「シャキッ」となってしまうほど迫力のある演奏だった。

メンデルスゾーンのコンチェルトを弾いた女性は、硬質で知的な音を響かせて、19歳とは思えないほどのおとなな演奏で観客を堪能させた。「春の祭典」を生で聴くのは初めて。バレエ音楽というより、演劇的な音楽のように私には聴こえる。

コバケンが日フィルを振るときには、アンコールはたいてい二曲あり、今日もその例にもれず、「スラブ舞曲」と「夏祭り」(コバケン作曲)であった。しかし、彼の振る「舞曲」ではきっと踊れないと思う。以前にもよく「ハンガリー舞曲」をアンコール・ピースで聴いたことがあるが、あのねちこい音でどうやって踊るの、とつっこみを入れたいほどだった。「モルダウ」は淀んでいるし(とてもとてもゆっくりと流れている、というべきか……)。でも、コバケン好きです。

ところで、コンサート・マスターのKは、いつも楽団員がみんな着席してからおもむろに入ってくる。私は、このKの尊大さが好きではない。先日退団した大川内先生は、楽団員のみんなと一緒にざわざわ入ってきて、「さぁ、きょうもやろうね」という感じで、「ラ音」を響かせていたのである。時には、最前列に知った顔を見つけて挨拶していたこともあった(これは東京芸術劇場での話)。あのさりげなさというか、フレンドリネスが日フィルのキャラクターでもあると思うのだが。ゲスト・コンマスが拍手を浴びながら入ってくるのは許す。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。