スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わぬ出会い

ビナードさんの公開講座で思いがけない人に出会った。講座を修了し、持参の本2冊と新たに買った詩集にサインをいただいたあと(ミーハーなわたしです。でも、サインをいただくのが主目的ではなくビナードさんとお話をしたかったから列に加わったのです)、突然話しかけられた。「xx先生ですか?」。こういう時って「嘘」はいえないもんですね。びっくりしつつも、「はい」と答えたのであった。「アラビアのロレンス」は偉い。いや、別に嘘をつくつもりなどありませんでしたけれど。

私は人の顔や名前を覚えるのが苦手で、学生の名前を間違えては、ひんしゅくを買っているのである。だから、話しかけられたときは、「えっ。だれ!だれ!だれ!」と焦りまくっていた。でも、その方とは初対面であることが判明。

通信制大学の先学期の受講生で、その後、メールのやりとりなど少ししたK子さんであった。まさか、こんなところでお目にかかるなんて、うれし。ほとんど初対面というのに、「子どもの文学」という共通の話題のせいか、お食事も一緒にして(ワインも飲んで)、とても楽しい時を過ごした。

資格がとれたら、「せいせいした!」とばかりに教科書を売る学生がいるらしい、ということを耳にして落ちこんでいた私は、K子さんの「先生の教科書を読んで、うれしかった」という言葉に、心がじわっと来た。確かに、あのテキストはセンスもないし、高いし、ペラペラだし、とっておく気にもなれないのかもしれない。それでも、私は「自分の羽で織物を紡いだつう」のように、頭も体も心もこめて書いたのだ。そして、今もヴァージョン・アップのために格闘している。ビナードさんのご縁での出会いに感謝。K子さん、またお会いしましょう。

ところで、私の前にサインをもらっていた皆さんは、ビナードさんとほとんど言葉を交わしていなかったようだ(私の後ろの人は知りません)。もったない! えっ? 私のほうが図々しいのですか? 

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。