スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート提出はじまる

レポートの提出が始まった。すでに「レポート作成上の注意」で「子どもの読書は大切だ」などという陳腐な内容のレポートは受理しないとといっているはずなのに、「・・・作成上の注意」を熟読した(と主張する)学生から、「読書論」のレポートが届く。何のために課題図書を提示したのか、課題図書は、レポートの「前ふり」にしかなっていない。却下。

「一般論で議論するな」というコメントを書いたら、「どこが一般論なのか具体的に示せ」というお返事が来た。では、「オリジナリティ」はどこにあるのですか? とお返事を返す。さらに「レポート作成の場は、自分の認識の再点検の場」であることをつけ加える。

水準に達しないレポートとは、課題図書を読みこんでいない、課題図書の表面だけをなぞり、「これらの作品は、子どもが感情移入しやすいように書かれている」「子どもがこういった作品を読むときには・・・」などと、まったく自分の感情や意識や知性から乖離したところで、予定調和的な「結論」に向かって、縷々書き連ねてゆくタイプが多い。

ああ、またどっと疲れる添削の日々が始まった。おとなになってしまうと「全存在」で文学と向きあうことができないのだろうか? いや、そんなことはないはずだ。「全存在」で向きあうことができなければ、何かで自分の「読み」を補えばよいのだろうが、そのときに「規制の物差し」を使ってしまうからかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。