スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XP問題

すったもんだのXP問題であったが、紆余曲折(中古の購入、助っ人依頼)の末、ようやく、格安のwindows7 のノートを購入し(ソフトが入っていないため)、かつてデスクトップがあったところに設置した。やれやれ。不要のパソコンおよび周辺機器は、処分を依頼し、昨日送り出して、ようやくすっきりした。

というわけで、PCのメアドが変わりました。連絡が必要な方は、どうか、こちらのコメント欄へお知らせください。

最近、石井桃子さんに関する著作が出版されているが、例の『新潮』に掲載されていた尾崎真理子氏の評伝が、ようやく本になるようだ。新潮社のhpにはまだ告知されていない時点で、アマゾンがいち早く予約を受けつけていた。また、Winnie-the-Pooh が阿川佐和子訳で出版されたことを知る。いささかの興味あり。
スポンサーサイト

最近の読書

時ならぬ有吉佐和子ブームで、『仮縫』『更紗夫人』『処女連祷』『連舞』『乱舞』。吉田修一『悪人』。篠田節子『長女たち』。

バックシャン?

バックシャン

気づかないうちに、後ろ姿撮られていました。後ろ姿は同い年に見えるかしら?

<テルマエⅡ>残念!

仕事終わりに、<テルマエロマエⅡ>を見てきた。連休のためか子連れで鑑賞という人たちも目立ったが、それでも満員にはほど遠く、快適な時間であった。しかし、内容は期待外れ。割引料金で、お得だったかもしれないが(その分で泡が飲めたし)、それにしてもひどすぎる。

古代ローマと日本への移動エピソードを脈絡なくつなげる手法では、物語的には深まらないし、メッセージ性にも欠ける。娯楽映画にそのようなものを期待してはいけないだろうが。しかし、ヤマザキマリの漫画には、何かあるようにも思われるのだ(最終巻はつまらなかったけど)。見所は、日本の温泉場の雰囲気をローマ流に模倣する、パロディ的おもしろさだけなのか。よかったのは、阿部寛のほれぼれと見とれるほどの美しい★体。

人に失望する日々。『週刊読書人』の書評で出版を知り、早速読んだ『イギリスからの手紙』。なぜかは解らないが、こういうの好きだなぁ。そんなわけで、『イギリスはおいしい』を再読。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。