スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本祐子『八分音符のプレリュード』

『八分音符のプレリュード』(松本祐子/小峰書店)を読んだ。あっという間に読んでしまったので、新しい本でなくてよかったとしみじみ思った。ユーストで251円ならば、コスト・パフォーマンスとしても良しとすべきだろう(ブック・モービルは2週間に1回しか来ないし、図書館にいったとすれば、バス代がかかるし…。困るのは置き場所)。読者対象はYAで、リアリスティック・フィクションである。設定にリアリティがないけれど、なぜリアリズム作品か、と問われればこう答えたい。

リアリズム作品が前提とする「ミメーシス」から逸脱していようとも、その逸脱をとりまく登場人物の行動や感情にリアリティがあれば、読者は物語世界を自分のものとして構築できる。現実とは乖離した都合のよい展開の中であっても、現実的な人間関係が作りだす物語は、説得力をもって「本当らしさが顕れるのではないかと思う。

「課題図書」と印刷されているのに、2008年9月初版、2009年4月第2刷りというのはどうなんだ。売れてない? 

その前には、ジョーン・バウワーの Close to Famous を読んだ。こちらもアメリカのYAで、比べてみると、作品に描かれる状況はこちらの方が厳しい。主人公はディスレクシア(難読症)。母親の恋人からのDVを逃れてたどり着いた小さな街で、自分たちの生活を取り戻そうとしてゆくお話。こちらの設定も、「そんなのあり?」と思わせながらも、その中でくり広げられるドラマにはリアリティがある。「カップケーキ」を作ることとそれが意味することが物語の中心を貫いている。しかし、PB版表紙のアメリカ的彩りのカップケーキには魅力を感じなかったのには残念。パフィン・ブックスの表紙ってセンスないなと思うこと、しばしば。
スポンサーサイト

「庭」つながりで

BT(ブックトーク)のエントリを読んでくださった「ろくべえ」さんから教えていただいた『リューンノールの庭』『ブルーローズの謎』『フェアリースノーの夢』(松本祐子/小峰書店)をおもしろく読んだ。先行テクスト、先行プロットなどがちりばめられたインターテクスチュアルでかつメタ・フィクショナルな作品であった。きれいにまとまりすぎて図式的と評する人もいるかもしれないが、それはそれで読みやすい。

しかし、不思議な作品ではある。エブリディ・マジックでもないし、かといって梨木香歩の流れともちょっと違う。梨木香歩さんよりもモダンでメタリックな印象をもった。庭を扱っているのに、なぜか「土」の臭いがしてこないのである。明らかにおとなが抱える心の問題も扱っていて、『つづきの図書館』とも共通点が見える。主人公、未散の母親の造型はすごいと思った。自分の子どもに対して「あなたのことは解っているのよ」的に高をくくった姿勢を見せる母親のいやらしさがとてもリアリスティックで、「そんな人いるいる」という共感というより、「こんな母親ごめんだ」という不快感を持った。その時の私は思春期の少女に戻っていたのだろう。

教師殺すにゃ

「教師殺すにゃ刃物は入らぬあくびの一つもすればいい」。いろいろなヴァージョンがあるらしい都々逸ですが、ちょっともじってみました。「あくび」は「居眠り」にも変えられますね。机に突っ伏して「爆睡」されると、ホントにめげます。

「今まで、たくさんの講座に出てきたけれど、この講座はレベルが高い!」とちょっと恥ずかしくなるほどお褒めの言葉を下さった公開講座の受講生のHさんが通常授業にもぐってくれています。こちらの授業も興味深く聞いてくださっていてとても有り難く、春学期も終盤に入って、少々息切れしつつあるところに、「活」を入れてくださっています。

「教師生かすにゃ物などいらぬ、ほめてほめてほめまくれ!」っといった具合でしょうか。有り難いことであるとしみじみ感じています。授業は最後の週に入ったので半期の授業ではレポート提出があります。「レポート提出には事故がつきものだから、万全の準備をして臨んでね。発熱、怪我などの突発的な状況が起きたとしても、必ず連絡できるようにしておいてね」と話したら、「這ってでもくる」とこたえてくれた学生たち。こんな学生たちも、私を生かしてくれるのだなぁ。

ブックトーク覚え書き

E=ラーニング大学で、「書評を書こう!」というワークショップをすることになった。対象作品は『トムは真夜中の庭で』もしくは『王のしるし』である。その準備もふくめ、「子どもに本を手渡すための実践的方法」をテーマとする授業で「ブックトーク」をすることにした。BTは久しぶりである。せめて1学期に1回程度は、自らの勉強のためにすべきであるのにと反省しつつ、ここに覚え書きを記しておくことにする。目新しい作品はないが、最近の子どもたちには古典にこそ触れて欲しいと思っている。なんとリアル大学の1年生は、『大草原の小さな家』も知らなくて『小公女』も知らなくて、どうしてよいのかさっぱり困っているのである。

<みちびかれて庭へ:庭で何が起こったの?>
★グリム「ラプンツェル」(語り)
★ポター『ピーターラビットのおはなし』
★バーネット『秘密の花園』
★ピアス『トムは真夜中の庭で』
★フライシュマン/ホークス『ウエズレーの国』(全部紹介)
★梨木香歩『西の魔女が死んだ』
★ベニシア『ベニシアのハーブ便り:京都・大原の古民家暮らし』

「庭」関連作品として
★湯本香樹実『夏の庭:The Friends』
★ヒル/バレット『庭の小道から』
★シズベルト『イスカンダルと伝説の庭園』
★キャロル『不思議の国のアリス』
★ミルン『クマのプーさん』『プー横町にたった家』

BTのあとで、児童文学も含めた文学における「庭のイメジ」についてのミニレクチャーをして授業を終えた。

スペアリブ

スペアリブ 

朝から準備をしていたら、夫が「誰かくるのかと思った」という。確かに、この料理が出てくるときは来客ありのしるしだったかも知れない。それも「若いお客さま」(学生)だ。

今回は、来客の予定もないのに、中学校での「物語のわかちあい」帰りによったスーパーで購入したものである。最低2パック(約1㎏)ぐらい買わないと料理にならないのである。

いったん焼いてから油抜きをすること。甘味は「パイナップルジュース」を使うのがポイント。P=ジュースの酵素が肉を軟らかくしてくれるので、それほど煮こまなくても、骨から肉がほろりとはがれる。酢豚のパイナップルは許せないが、こちらはなぜか許せる。付け合わせは、ニンジン、胡瓜、大根のピクルスとピーマンのロースト。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。