スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野和子。『みちのく民話 まんだら』、北燈社。

小野和子さんの『みちのく民話まんだら:民話のなかの女たち』をユーストで購入。小野さんが採集した佐藤やちよさんの語る「猿の嫁ご」とその「あと語り」を目にして、すべてを読みたくなったからだ(いまさらながらだが)。予想に違わず、誠実で真摯な本。

一つ一つの話につけられた「あと語り」に教えられ、示唆されることが多く、自らの蒙昧を恥ずかしく思う。愚か者話の「うめにうぐいす」によせられた「あと語り」を読むと、なぜ私が「エパミナンダス」に抵抗を感じるのかがよく解る。大切な1冊。

ところで、小野和子さんは、『とどろく雷よ、わたしの叫びをきけ』などの翻訳者であったことも判明した。
スポンサーサイト

ドラマ「カーネーション」

「カーネーション」の可憐なイメージからはほど遠い内容のドラマであるが、とても楽しく見ている。おてんばな少女がそのまま大きくなった、今までになかった破天荒な(柄が悪いともいう)主人公が、その河内言葉も含めて魅力的だ。糸子の祖母、庄司照枝もいい。

物語のテンポも速く、糸子はあっという間に結婚し、子どもを産んだ。しかし、なぜ出産シーンなんだろう。前作にも(「おひさま」面白くなかった!)、やはり出産シーンが当然のようにでてきたけれど、出産を描かないと女性(母親)は描けないのだろうか? 気になる。

通勤途中の読書

品川に到着するまでに読むべき資料を読んでしまったので、こんな事なら重くても The Makioka Sisters を持ってくればよかったと後悔しつつ、駅構内にある書店で平積みになっていた『手紙』(東野圭吾)を購入した。木曜日は先が長いので、本がなくては辛い。それにしても一気に没入し、通勤の行き帰り+αで読了した。井上夢人による「解説」が秀逸。

直貴は、最後に寺尾と再会できてよかった。帯には「日本人が涙した大ベストセラー」という惹句が踊っているが、「泣ける」とか「感動的」とか「○○が絶賛」とかいう言葉がそこかしこに跳んでいることに気がつく。安易に泣かないように、感動しないように自分を戒めなくてはと思う。

授業中にあるブログ記事を紹介した(言葉を再び獲得した教師のエピソード)が、声に出してはじめて、その文章の非論理性や間違いに気づく。声に出して読むことはとても大切である。黙読していると、自分で補ったり、訂正したりを無意識にしているのだろう。

また、「声に出して読む」と読む側の理解度も伝わってしまうから怖い。「気位」を「キイ」、「未亡人」を「ミボウニン」、「興ずる」を「コウずる」と読む学生がいた(ここ数週間の出来事である)。「活字離れ」ではなく、「言葉離れ」が著しい。「読めない」事だけではなく、言葉への関心すら失っているのである。



Books for the Third-year Seminar

Yesterday I spent almost half a day searching books concerning wizards and witches which, I think, must be helpful for the term paper of the third year seminar sudents. At first I put the word "witch" on the network of Amazon, and there appeared over 2400 entries.

Sorting out books on the screen for the purpose, I was really amazed the numbers of the stories dealing with wiches, or books pulished under titles of "witches" or "witch craft". There are numerous books written in Japanese as well as in English. Through the searching I have no doubt convinced thet we are likely to love witches better than wizards. It is very interesting and I think it is worth trying to investigate this phenomenon.

Of course I myself love witches very much. Especially I have been affected by ogresses which make their entrance into Japanese folktales like "An Ogress and a Cowherd" "Three Charms". Actually you should rather call them "yamanba" in Japanese. Why? I know why I love them. I very much sympathize with them deeply, because they are in solitude and exist on the periphrey.

「うまい!」

本を読んで「面白かった!」と感じることはたびたびあるが、「うまい!」と膝を叩くことはめったにない。ミステリだって嫌いじゃないし、東野圭吾などは「面白い」とは思うものの、今まで「うまい」とは感じたことはない。トリックや伏線が複雑に絡み合い、細部にまで緻密に計算された物語を読まされている感があって、読者の側の謎解きや推測など最初から許されないと感じながら読むからだろうか。

久しぶりに「うまい」と思わず呻ってしまった作品にであった。門井慶喜の『おさがしの本は』(光文社文庫)である。ビブリオ・ミステリに分類されるらしい。

舞台は、N市立図書館のレファレンス・カウンターである。図書館などとは縁もなさそうな短大生が「シンリン太郎」についてレファレンスを求めてくるところから、第1話「図書館ではお静かに」は始まる。「なんだ、鴎外のことではないか」と「ふふふ」と笑ってしまった私はもう作者の掌にのせられている。さまざまな蘊蓄が嫌味なく語られる中で、こちらの期待を心地よく裏切ってくれる。さすが、レファレンス・ライブラリアン。

さらに、市議会文教常任委員会で図書館廃止論者の館長(市長のブレーン)に対して、主人公の和久山孝彦が説く図書館必要論は非常に説得力がある。これは図書館学徒必読の小説であろう。

図書館を廃止しようという首長が登場したり、『太陽の季節』の例の場面についての記述(剽窃ではないらしいが、例の場面は先行例があるのだ。知らなかった!)など、私は途中から痛烈な石原慎太郎批判と読んでしまったが、誤読ではないだろう。多分。それとも、現在、図書館の廃止を考える(存在意義を疑う)首長など累々といるのだろうか? 

A Truth in Life

Sometimes, but not so often, I found myself engaged in searching through bookshelves a certain book. I know it is a kind of wasting my time, but I can not quit trying to find the book. It must be somewhere in a bookshelf, I'm sure, but I have to find the book, because I do need it for tomorrow's class or my research paper. Usually as soon as you quit searching it, or forget to find it, the book appears suddenly out of nowhere. Or if only you have to pretend to stop searching, the book might be found. Sometimes this is a case.

Yesterday I could not quit searching a certain book with no clear reason, but I spent a couple of hours. I knew I was doing useless thing. Finally I decided to get another copy, so I ordered the copy through Internet. After closing down Internet and putting away my Dynabook and when I happened to take a glance at a bookshelf, I found the book. It is a truth in life.

By the way I also found another truth in life recently. There are some people you cannot work with. Foolishly I have been thinking that you can understand each other, so I have endured whatever I have had since that group bullying. At that time they said to me, " Your diary is hurting someone." " Your diary is looking down on us. My husband said so too." " Do not write the diary. Do not write about children." They never mentioned "where" or "what" or "who". You should have quitted at that time, but I have willingly suspended my distrust about the people. No longer now.

You should not quit something which is worth trying, such as looking for a missing book in your bookshelves, but occationally you should quit anything when you sense something insulting and unrespected. That is the truth which I have found. The last diary was, I must admit, provocative one, but, even though, I expected they would give up reading the capital lettered diary, because of the bother of consulting a dictionary. My message was not carried down properly to them. Instead, a woman rahter said to me, " You are an inconsiderate person. You did what others didn't want to be done. Since you have not learned what you should have at preschool, your English is vulgar as well as Japanese." Again no mentioning "where" or "what" or "to whom". Thank you very much. I have to reap what I have sown, but I never wanted to be insulted any more.

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。