スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちと物語をわかちあうこと

地域の小学校ではすでに授業が再開され、ボランティアの読み聞かせも今週から始まる。先日、新年度から7月までに読んだ本を整理し、データ化したが、そのことでずっと考えていることがある。学習会を開いて「本を選ぶこと」に関する重要性については、かなり丁寧にお話ししたせいか、明らかに問題があると思われる本を子どもたちに紹介していることはほとんどなかった。

その中で、4年生に、『たまごねえちゃん』(あきやまただし)を読んでいた例があった。この絵本は、3歳児を対象としている。もちろん、昔話のように幼い人も大きい人も同時に楽しむことができる絵本はあるし、『みんなおなじでもみんなちがう』などの、もともと小さな人を読者として想定された絵本でも、広く読者を獲得し、それぞれの読者のレベルでその世界を受けとめることのできるすぐれた絵本もある。しかし、この『たまごねえちゃん』はどうだろうか? また、ディズニー版『クマのプーさん』を読んだ例もあった。これは議論の余地なく、避けるべきであろう。

しかし、むずかしいのは、いわゆる「名作」をどう判断するかということである。今回の例でいえば、「蜘蛛の糸」(芥川龍之介)、「雨ニモマケズ」(宮沢賢治)などである。問題なのは作品そのものではなく、読み手のメンタリティである。選択の理由が「読みこんでいる」というものなのだ。もちろん、読みこんでいなければ、子どもの前で読んでもらっては困るのであるが、そこには「子どもに楽しんでもらう」「子どもに物語のよろこびをつたえる」という基本的な姿勢がないのだ。つまり、自己実現のための「読み聞かせ」になってしまっているのである。これは困った問題だ。

「読み聞かせ」や「語り」が人の心を打つ大きな要因には、「物語の力」と「声の力」がある。そのどちらが欠けても理想的な「読み聞かせ」や「語り」にはならない。先日、地元のK図書館から出張扱いでやってきた司書さんが、「ついでにぺろり」を語ってくださったのであるが、これがまさに「お話の力」に頼りっぱなしの語りであった。「語り」がどのようなものかをよく知らない人が、これを「語り」「ストーリーテリング」だと思ってしまったら困るという代物であった。当該の司書は、基本的な発声もできていないし、「抑制された語り」であると本人は思っていたのであろうが、その語りは、じつは面白くもなんともない「無味乾燥な語り」であった(どうやら、このような語りをよしとする風潮があるようだ)。失礼な言い方をすれば、「自分の額の裏にうかぶ文字を読んでいます」と思わせるようなもので、お話に対する語り手の「愛」も感じることができなかった。

ところが、「図書館の専門家である司書さんの語り」であると思って聞いている人には、残念ながらその語りの本質が見えなかったようだ。「専門家」という意識に目がくらんでしまい、「語り」そのものを正当に評価することができなくなってしまうのである。彼女の「このお話は面白いから(悲しいから/心を揺さぶるから)伝えたい」という気持ちが伝わってこないのである。お話は、語り手の「語りたい衝動」によって、聴き手をも語り手にしてきたから、いまここにある。

それと反対のこともおこる。「技」のうまさで聞かせてしまうのである。「技のうまさ」にうっとりしてしまい、聴き手の魂がお話の真髄にたどりつくことが困難になることもある。私はかつて福島弁での短い語りを聞いたことがある。福島の言葉の柔らかさが心地よくうっとりしているうちにお話は終わってしまい、「あれ?なにをきいていたんだっけ」ということがあった。土地言葉の柔らかさが子守歌のように響いたのだろう。語る技量にすぐれていて悪いことなどもちろんない。しかし、技量が優れていればそれだけ、お話の選択にも心を配らなければいけないということだろうか?

「声の力」と「お話の力」をバランスよく使い、子どもたちによろこびをつたえるための「語り」「読み聞かせ」を求めて、私たちはさらに研鑽を積まなければならないのである。

スポンサーサイト

朗読教室その後(愚痴!)

朗読教室はすでに終了し、その後の運営についてのうち合わせがあった。講師謝礼、日程、文化祭参加についてなどたたき台としての原案ができていたにもかかわらず、会議はぐだぐだと2時間以上も続いた。どうでもいいような些末なことについてもさも一大事のように、「あーでもない、こーでもない」とやっている「会議」には途中、何度かキレそうになった。

「えー、文化祭でるのー。私下手だから」「でもー」「できないよー」「どうしよう」など、いい年こいたおばさんたちがうだうだと、小学生の子どもじゃあるまいし(これは小学生に対して失礼だ。すまん。)さっさと決断してくれよ!(今回は、文化祭参加が前提条件の短期集中型朗読教室なのではないか、出席者はそこは了解済みだろ。) 「女」のグループってこんなだっけ? 今までの学習成果の発表の場として、さらに練習することで「決断」できないのだろうか。かといって、「今回は遠慮しておくわ」ともいえないのはどういう訳なんだろう?

進行役も迷走気味で、その迷走をすら楽しんでいるように思われた。「えー、どうしよう」「でもー」「じゃー」「それでさー」なんていいながらぐじゃぐじゃと決まってゆく話し合いが、円満な話し合いだと思っているらしいから、はっきり自分の考えや意見を言う私はうきまくりである。それを、承知の上で参加したのだが、なんだか嫌気がさしてきた。やめよかな。

子どもたちとわかちあった本など

ボランティアに出かけている小学校で読んだ絵本や資料の整理をした。私がお手伝いをしている小学校では、「読み聞かせ」を終えたボランティアは、学年別に用意されているノートに自分の読んだ本の書誌事項や感想、子どもたちの様子などを記入することになっている。その記録をまとめるために、学期末にノートの当該部分をコピーして、そのまま机の上に放り出していたのであるが、ようやく「えいやっ!」と、決心して、昨日一日がかりで資料をつくった。

タイトルしか記入されていないものを、ネット(アマゾンjp、bk1、googleなど)で検索し、原作者名、正式なタイトル、出版者名を入れた簡単な書誌を作った。絵本だけでなく、「朗読」「詩の朗読」「語り」などもあったので、それぞれ、追跡できるところまで記入し、学年別に「○年生に読んだ本」としてデータ化した。

ずらっと並んだタイトルを見ていると、「ざわざわ」が静まってゆく教室の雰囲気や子どもたちの様子がきれぎれに思いだされてくる。初めて「もう一回読んで!」とリクエストをもらったときのこと、「えーっ!」という驚きの声がだんだん大きくなっていったときのこと…。先生もほとんどが子どもたちと一緒になって「読み聞かせ」を楽しんでくれたのだが、中にひとりだけ、自分の作業をしながら(採点?)、お話に集中できない子どもに注意を与える先生がいた。絵本を読みながら「ありえねぇ」と感じたが、今ふり返ってみても、あの先生の態度は問題である。先生だって一緒にお話を聞いているからこそ集中できない子どもに注意をする大義名分があるのではないかと思うのである。私としては、あまり神経質に子どもに注意はしてほしくないのだが…。

「読み聞かせ」の時間だけが、教師が教師としてではなく子どもたちと同じ目線で黒板の方を向き、お話を共有できる。ある意味では、ボランティアによる「読み聞かせ」というのは、学校のヒエラルキーを崩す数少ない行為の一つであるといえるだろう。この「ディコンストラクション」をどう使うかというのも、教師の資質が見えてくる。子どもたちにとっては、先生も一緒になってお話を楽しむというのはとても大切なことだと思う。

私が小さいとき、両親やまわりのおとなが自分と同じところで面白がったり、感動したりすることを目にしたときの驚きやよろこびは、いまでも言葉に尽くせない何ともいえない感動をもって思いだされる。そこから、その人への信頼や愛情が育まれるのだと思う。

先生、静けさをことさら求めたり、感想をいわせようとしないで! 子どもたちと一緒に物語の世界に入って、経験をわかちあい、自分の素直な心の揺れを子どもたちに見せてあげてほしい。そこから私たちはどれほど多くのことを学ぶのか。

夏休みのお出かけ

夫は仕事と会議に費やされ、私はといえば、ひたすら引きこもりの夏休みも半分以上を消化してしまった(何もしてないじゃん!涙)。なんとそんな夏の我が家のメイン・イヴェントは、「尾崎紀世彦・山本リンダ ディナーショー」であった。「ディナーショー」も初めて、クラッシックとジャズ以外の音楽を生で聴くのも初めてという、「初めて」づくしのショーであった。いやいや、すごかったぞ。リンダもすごかったが、なんといっても、尾崎紀世彦の歌がステキだった。声量も声質にもうっとりで、私の目には「星」がキラキラしていたことだろう。

観客はほとんどが、男も女も、お○さん、お○○さんで、「ノリ」の悪さに違和感を感じたのだが…。拍手を惜しむんでないよ、ほんとに。私はあとで手が痛かったぞ。

最後は、「また会う日まで」を聞かせてくれたが、バラード調にしっとり歌うんではなく、アップテンポで軽く歌ったのが残念といえば、残念だった。私は彼の「誰も寝てはならぬ」を聴いてみたいなぁ、などということを夢想した。

ところで、尾崎は小柄、リンダはでかい。しかし、公式プロフィールを見ると、ふたりとも身長は168㎝ということだ。

広島市長の平和宣言

今年の広島市長による平和宣言も魂のこもったすばらしいものであった。核廃絶を訴え、<日本国憲法は、こうした都市間関係をモデルとして世界を考える「パラダイム転換」の出発点とも言えます。我が国政府には、その憲法を遵守し、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択のために各国政府へ働き掛けるなど核兵器廃絶に向けて主導的な役割を果すことを求めます>という提言を、臨席していた福田総理はどのような思いで聞いたのだろうか。彼の魂にはこの宣言は響かなかったのだろうかと、そのあとの彼のスピーチを聞いて失望した。日本のトップは何を考えているのだろう。

ところで、この平和宣言の全文を探すために、ネット情報を検索をしたところ(ほんとに便利になったものだ)、必要な情報といっしょに無意味で不愉快な情報もいっしょにくっついてきた。広島市長の出自を云々するものである。このような書きこみをする人がマジョリティだとは思えないが、しかし、検索エンジンをかけて上位に上がってくるこのような情報を排除する術は残念ながらない。また、品位に欠ける、他人を貶めるだけのコメントを書きむ人のメンタリティを考えると、自分自身が傷つくのは何ともやるせないものだ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

わしこ

  • Author:わしこ
  • 無断転載ご遠慮ください。
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。